2013年05月25日

三越伊勢丹の経営不振と「三越オンラインショッピング」顧客情報流出

販売不振の三越伊勢丹、来年にも大規模改修へ JR西社長方針

2013.05.23

JR西日本は22日、苦戦が続く大阪駅ビルの百貨店「JR大阪三越伊勢丹」(大阪市北区)で、来年にも大規模な改修工事を行う方針を明らかにした。上層階を専門店に転換することなどを検討しており、今秋にも具体策をまとめ、平成27年春のリニューアルオープンをめざす。

同店は販売不振が続き、運営会社は債務超過に陥っている。JR西などは抜本的に売り場を見直し、2フロア程度を専門店街に転換し、外部テナントを誘致する案などを検討している。百貨店が開業3年目で大規模改装に乗り出すのは異例。改装開業から1年後の売上高は、450億円を目指す。

同店の25年3月期の売上高は前期比2%減の303億円だった。26年3月期は同6・6%増の320億円を見込む。


産経ニュースより引用

http://www.sankei.com/



苦戦が続くのも当然のことです。

勤務中にネットを閲覧して遊んでいるのですから、三越伊勢丹グループは全体的に相当な重症のようですね。


さらに、25日、三越伊勢丹ホールディングスの買い物サイト「三越オンラインショッピング」が不正アクセスされて、顧客の住所、電話番号、生年月日やメールアドレスなどの顧客情報が流出しました。

「三越オンラインショッピング」の会員・約73万人の顧客情報のうち、最大8289人分の顧客情報が流出したそうです。


勤務中の三越伊勢丹グループ従業員によるネット利用を制限をしないと、また同様のことが起きるでしょう。

従業員のネット利用に関して90パーセント以上の企業が、何らかの制限を設けているはずですが・・・。

三越伊勢丹グループは何ら対策を打つつもりがないのでしょうか?


脇をしっかり締めて、頑張ってください!!


伊勢丹.jpg



楽天市場

企業崩壊

インターネットセキュリティ 不正アクセスの手法と防御

ハッカーvs.不正アクセス禁止法



【株式会社 三越伊勢丹システム・ソリューションズの最新記事】

楽天市場

サラリーマン、これは犯罪になる!?

ちょっと待った!!社長!その残業代払う必要はありません!

危ない会社の倒産信号はこう読め!

ウェブ検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。